成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト

 成功する方法・成功するコツ・成功する秘訣

成功する方法のホームページ>■成功のための仕事への姿勢(1) 

 


成功のための仕事への姿勢(1)
成功のための仕事への姿勢●自分の生き方は自分で選ぶ

人生は自分次第でどのようにでも変えられる。

考え方も感情も行動も人から強制されるものではない。

周囲の状況は出来事をどうとらえるかによって、私たちの気分や行動は大きく変化する。

何もかも自分で決定しているのだ。


ありがたいことに、私たちは学習によって解釈スタイルを獲得できる。

従って、一度身についたスタイルを捨てることもできる。

物事の受け止め方は思い通りに変えられるのだ。


苛立ったり怒ったりする代わりに、明るく楽観的に物事を受け止められるように解釈スタイルを変えることができる。

考え方を変えれば、何事に対しても建設的で効果的な対応ができる。

決定権は常に自分自身にあるのだ。
成功のための仕事への姿勢(2)●自分の心の中を分析しよう

思考や感情は常に変化している。

何かを経験すればその影響がすぐに表れる。

たとえば、よい知らせを受け取ると急に元気が出て、誰に対しても、何に対しても前向きな気分になる。

反対に思いがけず悪い知らせが届くと、たとえその内容が間違っていたりウソであったりしても、動揺し、苛立ち、腹を立てることが多い。

私たちの反応は、その知らせをどう解釈するかで決まるのだ。


【いますぐ実践する成功方法】

●自分にとって最も重要なもの・・・家族、健康、仕事、経済状態など・・・について、自分の考え、発言、感情、行動などがどのような結果を生んでいるかを考えよう。正直に点検すること。

●現在の自分の状態をどのように考えているか、自分の心の中を分析しよう。

偽らず、正直に分析すること。

次に、自分自身の様々な考え方が、どのように現状を引き起こし、作り上げ、維持しているか点検しよう。

最後に、どんなふうに考え方を変えれば、今の生活を改善できるかを考えよう。


成功のための仕事への姿勢(3)●良い思い込みをする


私たちはいつも思い込みという枠の中で行動している。

様々な思い込みがあり、とりわけ根強いのが自分自身に対する思い込みだ。

思い込みには「ふるい」のような機能があり、自分の考えと一致しない情報は受け付けない。

人間とは見たものを信じるのではなく、信じていることに目を向けることのほうがはるかに多い。


思い込み、つまり先入観は、事実に基づく場合もあれば、単なる空想の場合もある。

いずれにしろ、私たちは自分が信じるものと矛盾する情報は受け入れようとはしない。


最も厄介なのは、自分自身に限界を作ってしまうタイプの思い込みだ。

どんな形であれ、自分に限界を設定すれば、すべてこのタイプに当てはまる。

たとえば、自分は周囲の人より才能が劣ると思う、ほかの人のほうが自分より優れているように見える。

こういう人は自分を過小評価しているため、実際の実力よりはるかに低いレベルの働きしかできないことが多い。

このタイプの思い込みは、その人の才能を抑え込んでしまう。

実力を発揮することも育むこともできないうえに、不安と疑念という、成功を妨げる2大要因を生み出してしまう。


持てる力を最大限に発揮するためには、ある程度のリスクを冒さなければならないが、このタイプはそのリスクを受け入れることもできない。



仕事でも私生活でも、自分で限界を作ってしまわないよう、常に注意が必要だ。

さもなければ、成長も前進も望めない。

ほんの少しでも限界があると考えてはいけない。

自分には無限の力がある。

他人にできたことは自分にもできる。

そう信じて疑わずに行動してほしい。



成功のための仕事への姿勢(4)●自分には無限の力があると想像しよう

頭の中から不安や疑念を追い出し、自分には無限の力があると想像しよう。

何をしても絶対に失敗しないとしたら、どんなことをやってみたい?

時間、お金、才能、技術、人脈など、望むものがすべてそろっているとしたら、どんなことをやってみたいか考えてみよう。


自分自身に限界を設定してしまうタイプの思い込みを見つけ、捨ててしまおう。

ただし、自分で気づいている人はほとんどいない。

あなたの思い込みに気づいていて、それを素直に語ってくれそうな人を探すこと。

自分は何らかの思い込みを持っていて、そのせいで力を発揮できずにいるのではないかと、親しい友人に尋ねてみよう。
   
成功のための仕事への姿勢(5)●悪い予感は必ず当たる

私たちはいつも、これからどんなことが起こりそうか考えたり、人に話したりしてまるで占い師のように自らの運勢を予言している。

良いことが起こると信じていれば、たいてい本当に良いことが起き、悪いことが起こりそうだと思っていたら、本当にその通りになってしまうものだ。

私たちの予想は周囲の人にも大きな影響を及ぼしている。

それが人間関係であれ、どのような状況であれ、何を期待するかによって、それに対する対応が決まるし、相手もまるで鏡のように同じ態度で反応してくる。


ハーバード大のロバート・ローゼンタール博士は、教師の期待が生徒の学業に及ぼす影響を調べ、この結果をまとめたのが「ピグマリオン効果」である。

この中で博士が繰り返し紹介している実験がある。

何も知らない教師が担当するクラスについて、「生とは大変優秀であり、この1年間で学力が飛躍的に向上する見込みがある」と教えられた。

実際には、生徒は無作為に選ばれたのだが、その教師は生徒は優秀であると信じて大きな期待を抱いたことが効果を生んだ。

そのクラスは同様の授業を受けたクラスよりはるかに成績が良くなったのである。

同じことが私たちの社会にも当てはまる。

従業員、上司、顧客、そして自分の将来までも、期待通りの働きを見せることが多い。

私たちが心に抱く期待は、良くも悪くも、他人や物事に大きな力を及ぼすのだ。
 成功のための仕事への姿勢(6)●何事にも最善を期待しよう。

上司や部下、同僚はあなたにベストを尽くしていると考えよう。

一生懸命に働き、正しい判断を下し、すぐれた成果をあげたいと願っている。

そう信じること。


ときには、問題も起こるだろうが、大げさに反応するのではなく、相手となごやかに話せる機会を作り、話し合いを通して原因を明らかにしよう。

どんな事態にも、そこに至った理由があるものだ。


自分自身に最高の期待を抱こう。

自分には無限の可能性があり、一度決めたことは何でも達成できると考えよう。

可能性を制限するものがあるとすれば、それはあなた自身の考え方だけだ。

これまでに行ってきたことは、本当にできることのごく一部にすぎない。

人生のピークはこれから訪れる。

これまでの出来事はすべて、これから起こる素晴らしい出来事の布石だった・・・と考えよう。
成功のための仕事への姿勢(7)●「誘因の法則」


●どんな状況でも、人間はまるで磁石のように、自分の考え方に合うものを引き寄せる。

仕事でも私生活でも成功と失敗の大半を説明するのが、「誘因の法則」だ。

この法則は大変、強力で、浸透力があるため、私たちの行動や発言はもちろん、思考や感情にまで影響する。


今、あなたが置かれている状況はすべて、あなたの考え方や性格が招いた結果だ。

だから人生も自分自身もやり直すことができる。


「類は友を呼ぶ」「求めよさらば与えられん」「同気相求める」などの言葉は、どれも「誘因の法則」を言い換えたものだ。


企業にも同じことが言える。

組織の基本理念にしたがって、商品、製造工程、サービス、営業展開などを考えだし、顧客、社員、納入業者、金融業者、ビジネス環境などを築き上げている。

そこに関わる人はそれぞれ一点の楽器であり、全員が集まって大交響曲が出来上がる。

あなたの仕事も生活も、この交響曲の一部を担っている。


組織がうまく機能しなくなったとき、最も手っとり早い解決方法は、新しい人材を招いて、社員の仕事や会社に対する考え方や感じ方を一新してもらうことだ。

顧客に対して、そして自分たちの仕事に対して、新しい価値や戦略や方針を見出すことができれば、会社の状態はすぐにでも改善するだろう。

成功のための仕事への姿勢(7)●自分自身を徹底的に分析し点検しよう。

身辺をじっくりと見まわして、どれくらい自分の考え方に沿った世界ができているか調べること。

よい点は、どんな些細なことでも自分を褒めよう。

それらはみな、あなた自身が引き寄せたものだ。


次に、周囲を見回して気に入らないものを見つけ、自分の責任を認めよう。

それらもまた、あなたが招いたもの、考え方に問題があったから生じた結果だ。

その問題の正体を突きとめ、どのようにすれば修正できるかを考えよう。
 成功のための仕事への姿勢(7)●自分自身を見つめ直し、自分の中の何が現在の状況を生み出したのか考えよう。

私たちはみな人生の設計者だ。

あなたが経験する出来事や状況はどれも、あなた自身の思考が引き起こしたものだ。

今の生活を改善したり変えたりするには、考え方をどのようにすればよいか考えよう。

  
成功のための仕事への姿勢>>

上に戻る


成功する方法のホームページ>■成功のための仕事への姿勢(1) 

inserted by FC2 system